大畑大介商店 元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。  また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

産地直送とうもろこし 生で食べれる!弾ける甘さ!

茨城ブランド『Juwari-じゅわり-』
鮮度抜群 とうもろこしのお取り寄せ

茨城県小美玉市の茨城空港のすぐそばで農業を営む藤田隆史さん。
もともとはごぼうや大根をメインにされていましたが5年前からとうもろこしの栽培にも力を入れ始めました。きっかけは耕作放棄地問題。生産者の高齢化が進み、耕作放棄地となってしまった土地をどうにかしなければという使命感からで、現在はその取り組みが認められ、地域貢献にも繋がっています。

 

藤田さん(左)

 
育てる品種は主にゴールドラッシュシリーズ。『Juwari-じゅわり-』というブランドを立ち上げ本格的に直売所や通販を始めたのは昨年から。畑でもいだ瞬間の、限りなく鮮度が高い状態で皆さまの食卓にお届けしたい。という思いで日々とうもろこしと向き合い、愛情を注いでいます。

とにかくとうもろこしを作るのが楽しいと、目を輝かせておっしゃった藤田さん。理由を問うと『えー、なんでだろう〜??』と天然でゆるい発言に一同爆笑!(このニュアンスは文章で伝えるのは難しい!)
よくよく聞くと、とうもろこしの成長が目に見えてわかるから(今までメインにしてきたごぼうや大根は、確かに土の中に隠れてわからないですよね)、そして何より直売所や通販を始めたことで、お客様の喜ぶお顔・お声を直接感じられることがやりがいに繋がっているそうです。

 

 

とうもろこしがより甘くなる秘密

一般的によく言われる方法、例えば、
種は一箇所に2つ植え、競争させてより強い方を残す。
収穫1週間前は余分な水分を飛ばすため、水分を与えない。
などはしっかり押さえながら、藤田さんの一番のこだわりは収穫のタイミング!!

 
◆昼間は光合成をして糖分をエネルギーとして出してしまうため、糖分を蓄えた真夜中12時以降に収穫します。

(ヘッドライトをつけての真夜中の作業のため、時には不審者扱いだったことも!確かに真夜中に怪しいですよね)

 
◆収穫時期が近づいてきたとうもろこしの先端を毎日触ってチェック!先が丸くなってきたら一番良いタイミング。このタイミングを誤ると一番美味しい時期を逃してしまいます。

 

先が丸くなっているか大畑もチェック↓

 

とううもろこしは鮮度が命の野菜。ここまでこだわるから、お手元に届いた時に、まず皮を剥いて生でかじってほしい。みずみずしく甘さが弾けます。火を入れたとうもろこしとはまた違った食感です。
私も初めて畑で生を丸かじりさせていただいた時の感動は忘れません。もちろんもぎたてとはいきませんが、しっかりとした保存方法(この後記載)であればご自宅でも、生で美味しく召し上がっていただけます!

 

丸かじり!うっっま〜い の顔

 

 

とうもろこしの保存方法

皮に包んだまま立てて冷蔵保存してください。
ただ先述したようにやっぱり鮮度が命の野菜。できるだけ早くお召し上がりください。

 

とうもろこしのおすすめの食べ方

藤田さんのとうもろこしはとにかく鮮度が良く素材が良いので、最低限の調理法で召し上がっていただくのがベストです。その最たる食べ方がレンチン!!
湯がいても良いですが、多少甘みが流れてしまうことを考えるとレンチンは簡単だし、蒸されるので甘みがギュギュギュっと凝縮されるのです。

 

やり方は皮ごと(かなり皮に包まれた状態で届くのである程度はもいでくださいね)電子レンジで600wで5分ほど。皮を全部はいでラップで包んでもO Kです。
一粒一粒がはち切れそうに膨らんで、噛んだ瞬間、口の中で甘さが一気に広がります。大畑も大絶賛のおすすめの食べ方です。

 

もちろん、普通に湯がいてもめちゃくちゃ美味しいです。湯がいた直後より冷まして冷蔵庫で少し寝かせた方が味が締まってより美味しくいただけました!

 

湯がいたとうもろこし 色が濃くなって綺麗です

 

 

とうもろこし栽培の苦労

どの作物もそうですが、やっぱり天候に左右されます。旬の期間のあいだ、順番に収穫できるように計算して種植えを行いますが、天候によって思うように行かないこともしばしば。
また、これだけ甘くて美味しい野菜ですから、害獣被害もあります。私たちが取材に伺ったつい数日前にもハクビシンがハウスに侵入し100本ほど食べられてしまいました。

 

 

一般的にスーパーなどで売られているとうもろこしは、どんなに商品が良くても流通に時間が経ってしまっている分、また基本寝かせて置いてあるものがほとんどで、どうしてもとうもろこし自体の旨味、甘さが感じにくくなってしまいます。
産地直送ならではの本物の美味しさをぜひたくさんの方に知って、味わっていただきたいです。

 

 

※日時指定や翌日に到着できない地域(北海道、山口県、九州地方、沖縄県、離島)への配送はお断りしております。本物の味の品質維持のため、ご理解いただきますようお願いいたします。

送料込【茨城県小美玉市産】Juwari-じゅわり-(とうもろこし)※6月中旬〜8月 約3kg

通常価格

4,000

(税込)
購入はこちら

商品紹介

茨城空港ほど近くで藤田さんが育てる とうもろこし『Juwari-じゅわり-』。 品種は主にゴールドラッシュシリーズ。 高齢化による耕作放棄地をなんとかしたいという取り組みで、5年ほど前からとうもろこしの栽培を始めました。本格的に『Juwari-じゅわり-』というブランドとして売り出したのは昨年から。   特徴はとにかく鮮度が良い!   …

送料込【茨城県小美玉市産】Juwari-じゅわり-(とうもろこし ゴールドラッシュとホイップコーン)※7月上旬〜8月中旬 約3kg

通常価格

4,000

(税込)
購入はこちら

商品紹介

茨城空港ほど近くで藤田さんが育てるとうもろこし『Juwari-じゅわり-』。 品種は主にゴールドラッシュシリーズ。そして2020年からの新品種ホイップコーンをセットにしてお届けします。 ホイップコーンはいわゆるホワイトコーンでとにかく甘いのが特徴。   高齢化による耕作放棄地をなんとかしたいという取り組みで、5年ほど前からとう…

コメントは受け付けていません。

特集