大畑大介商店 元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。  また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

新玉ねぎと玉ねぎの違い

淡路島のたまねぎ

玉ねぎのお勉強

新玉ねぎと玉ねぎの違いって何なの、と一度は疑問に思ったことがある方も多いのでは?私もそのうちの一人です。今回、玉ねぎを出品いただくにあたって、淡路島で玉ねぎを作っている生産者の三野青果さん、そして、三野青果さんをご紹介いただき、野菜の卸しをメインに、食に関する様々なことをされている(株)ジャパンフロントファームの野菜ソムリエPro 佐藤さんにお話を伺いました!

 

三野青果さんの玉ねぎ畑↓

 

新玉ねぎと玉ねぎは同じ

調べれば、新玉ねぎと玉ねぎは同じ物だよ、という記事がたくさん出てきます。
大きな違いは、収穫後、そのまま出荷しているか、1ヶ月ほど乾燥して出荷しているかの違いになります。

 
■新玉ねぎ(一般的に3月〜5月)

※産地、生産者により異なります。(早いところで1月半ば~極早生の玉ねぎ(春一番)を出荷されている淡路島の生産者もいらっしゃるそうです。)
収穫後そのまま出荷
みずみずしく甘い(辛味成分が少ない)
水分が多いため日持ちしない

 

 

■玉ねぎ(6月以降)
収穫後1ヶ月ほど乾燥させてから出荷
新玉ねぎに比べて辛味成分が多くなる
長期保存が可能

 

ここで私はこんな疑問が浮かびました。

 

なぜ6月以降は乾燥させるのか(新玉ねぎとして食べられないのか)?

先述したように、新玉ねぎと玉ねぎは同じ物。
収穫後、そのまま出荷するか乾燥して出荷しているだけの違いならば、6月以降も乾燥させずに新玉ねぎとして食べたらあかんの?なぜ乾燥させる必要があるのか?

この疑問に対する答えがなかなか見つからず、ヤキモキしておりました。

以下、産地や生産者によっても異なりますが、淡路島の三野青果さんの場合で具体的に見ていきましょう!

 

乾燥中の玉ねぎ↓

 

 

違いは乾燥だけではなかった!

① 三野青果さんで栽培されている品種

・濱の宝・七宝・ターザン・ケル玉の4種類
・呼び方は収穫が早い順に 極早生(ごくわせ)・早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)

 

【新玉ねぎ】
極早生、早生種はとてもみずみずしい状態の品種
→濱の宝、七宝(七宝早生)

 

【玉ねぎ】
中生、晩生は保存性に富む品種
→ターザン、ケル玉

 

新玉ねぎの紹介ブログでもサラッと書きましたが、栽培期間によって品種は異なり、みずみずしい品種、保存性に富む品種、それぞれあったんですね。

 

② 三野青果さんの種蒔き、収穫時期

【新玉ねぎ】
・極早生(濱の宝):【苗購入定植】8月30日 →【収穫】翌3月(末頃まで)
・早生(七宝):【種蒔き】9月24日頃 【定植】11月10日頃→【収穫】翌5月
みずみずしさとフレッシュの状態で甘い。
生食(サラダ等)に適している。
特に極早生は栽培日数も若干短い。

 

【玉ねぎ】
・中生(ターザン):【種蒔き】9月30日頃→【定植】12月 【収穫】翌6月初旬
・晩生(ケル玉): 【種蒔き】9月30日頃 【定植】12月 →【収穫】翌6月中旬
果肉がしまっている、保存が効き、加熱調理に向いている。
中生からは、長期保存用に栽培している。
中生、晩生の品種は7月末までに冷蔵保存(貯蔵)している。

 

※定植とは、植物を苗床から畑に移して本式に植えること。

 

まとめ

なんだ、一口に新玉ねぎと玉ねぎは同じ物だよと言っても、細かく見たら全然ちゃうやん!
基本的な栽培方法や栽培においての三野青果さんのこだわりは同じですが、品種も違うし、それぞれの特徴にあった栽培期間・収穫時期・出荷方法となっているわけですね。
そして、玉ねぎは6月以降も随時収穫されるのではなく、収穫したら7月末までに乾燥し、貯蔵されていたんだというのも、個人的には知らなかったことでした。
もちろん玉ねぎも、新玉ねぎと同様、収穫したての表面は白いです。乾燥することによってよく目にするオレンジ色(黄金色)になるわけです。
教えていただきありがとうございました!

ということで6月からは新玉ねぎに代わり、黄金玉ねぎとなります!本当に艶やかで綺麗な黄金色をしていますね。
ぜひこの機会に召し上がってください。

【兵庫県南あわじ市産】黄金玉ねぎ※6月上旬〜 5kg

通常価格

1,390

(税込)
購入はこちら

商品紹介

瀬戸内の温暖な気候で冬も積雪がほとんど無く、海に囲まれた淡路島。その中でも美味しい玉ねぎの産地といわれる南あわじ市。3月〜5月は収穫後すぐ出荷するみずみずしく甘い新玉ねぎ、6月以降は収穫後に1ヶ月ほど乾燥させた玉ねぎに移行します。(新玉ねぎと玉ねぎはの違いについて詳しくはブログで解説) 三野青果さんの玉ねぎは乾燥させる…

【兵庫県南あわじ市産】黄金玉ねぎ※6月上旬〜 3kg

通常価格

1,000

(税込)
購入はこちら

商品紹介

瀬戸内の温暖な気候で冬も積雪がほとんど無く、海に囲まれた淡路島。その中でも美味しい玉ねぎの産地といわれる南あわじ市。3月〜5月は収穫後すぐ出荷するみずみずしく甘い新玉ねぎ、6月以降は収穫後に1ヶ月ほど乾燥させた玉ねぎに移行します。(新玉ねぎと玉ねぎはの違いについて詳しくはブログで解説)   三野青果さんの玉ねぎは乾燥させ…

送料込【兵庫県南あわじ市産】プレミアムミルク玉ねぎ(新玉ねぎ)※3月中旬〜6月上旬 3kg

通常価格

1,800

(税込)

商品紹介

※今年は6月上旬まで新玉ねぎ発送可能です! 瀬戸内の温暖な気候で冬も積雪がほとんど無く、海に囲まれた淡路島。その中でも美味しい玉ねぎの産地といわれる南あわじ市。三野青果さんが作る新玉ねぎは、ミルクのように白くて甘いので『プレミアムミルク玉ねぎ』と名付けたそうです。   玉ねぎを作り始めて10年。子供から大人まで安心して食…

送料込【兵庫県南あわじ市産】プレミアムミルク玉ねぎ(新玉ねぎ)※3月中旬〜6月上旬 5kg

通常価格

2,190

(税込)

商品紹介

※今年は6月上旬まで新玉ねぎ発送可能です! 瀬戸内の温暖な気候で冬も積雪がほとんど無く、海に囲まれた淡路島。その中でも美味しい玉ねぎの産地といわれる南あわじ市。三野青果さんが作る新玉ねぎは、ミルクのように白くて甘いので『プレミアムミルク玉ねぎ』と名付けたそうです。   玉ねぎを作り始めて10年。子供から大人まで安心して食…

関連情報

【産地直送】生産者と食卓を共に笑顔に|大畑大介商店

大畑大介商店

元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。 また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

屋号 株式会社ディンゴ
住所 〒530-0047
大阪市北区西天満4-9-12
リーガル西天満ビル903号室
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 辻井 伸久(ツジイ ノブヒサ)
E-mail rugby@ohatadaisukeshouten.com

コメントは受け付けていません。

特集