大畑大介商店 元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。  また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

「とろろ」にするなら秦荘のやまいも 旬・保存方法 山芋おすすめレシピ

秦荘のやまいも とは?

読み方は、「はたしょう」のやまいも。

滋賀県の南東に位置する愛荘町の特産品です。愛荘町の中でも、一部の地域のみでしか栽培できない貴重な山芋です。

種いもづくりから出荷までは3年も要し、現在もほとんどの作業が手作業で行われている、商品になるまでとてつもない手間と時間をかけて作られた野菜です。

 
ルーツは300年以上前、お伊勢参りの土産として伊勢のやまいもが愛荘町に持ち帰られ、栽培が始まったとされています。

品種としては伊勢芋(つくね芋)からの派生品種です。

 
ゴツゴツとしたコブは、成長段階でストレスがかかった証。美味しい証拠です。
すりおろすとお餅のような粘りと白さに驚きます。キメも細かくまろやかな甘みが特徴です。

 

秦荘のやまいもの旬・日持ち

収穫は10月下旬頃に行われます。

旬は11月頃になりますが、湿らせた新聞紙に包んで野菜室で保存すれば、3ヶ月は日持ちするのも嬉しいですね!
すりおろした状態で小分けにし、ジップロック等に入れて冷凍保存することも可能です。

 

根切り作業の様子 バーナーで焼き切っていきます

 

 

秦荘のやまいもの栄養価

たんぱく質・ビタミンB群・ビタミンC・ミネラルが豊富です。
ぬめり成分がたんぱく質を活用させ、滋養・強壮に良いとも言われています。

また、とっても消化が良いことでも知られています。

 
古くから「秦荘のやまいもは薬になる」と言い伝えられてきた通り、体調が優れない時にとろろにして食べるのが栄養面と消化面からもおすすめです。

山芋の種類の中でも水分量が少ないため、栄養素も凝縮しています!

 

 
山芋と長芋の違い

そもそも山芋と長芋は別の種類ではなく、同じ「ヤマノイモ科・ヤマノイモ属」に属しています。

そこから枝分かれして、長芋や自然薯、つくね芋といった種類に分けられていきます。

 

つまり、粘り気があり、生で食べられるヤマノイモ科の芋を総称して「山芋」と呼んでいます。

 

栄養成分としての違いはそこまでないものの、大きな特徴の違いとしては、

長芋は水分量が多くサラッとしている

山芋は水分量が少なくねっとりしている

ということが言えます。

 

 

秦荘のやまいも
生産者の黒川利平さん

黒川利平さん(右)は愛荘町安孫子で秦荘のやまいもに携わって60年以上。
秦荘やまいも振興会の設立を主導し、特産化に尽力した功績が認められ、令和元年に秋の黄綬褒章が授与されたすごいお方。

 

秦荘のやまいもは長い歴史の中で改良や淘汰を重ね、独特のゴツゴツとした形になりましたが、

黒川さんが作る「秦荘のやまいも」は、一層ゴツゴツとしています。

 

一般的に農作物はストレスをかけると甘く美味しくなると言われており、まさにこのゴツゴツが成長過程でストレスがかかった証で美味しい証拠でもあります。

 

「秦荘のやまいも」の粘りを産むのに欠かせない要素として、ミネラルたっぷりの粘土質の土壌が挙げられます。

黒川さんが農業を営む、安孫子を含む愛荘町のなかでも一部の地域のみが、ミネラルを多く含む山芋栽培に適した粘土質の土壌となっています。

 

その上で黒川さんは、自然の恵みを最大限に生かした独自の栽培方法で、丁寧に育てられています。

(化学肥料は使用しません)

 

自然の恩恵と黒川さんの長年の勘が、黒川さんにしか作り出せない唯一無二の「秦荘のやまいも」を作り上げています。

 

大畑大介商店の活動を通じて、多くの生産者さんが

「農作物の栽培は自然環境が7割、人の力が3割」

とおっしゃっていたように、その土地その土地にあった食材、育て方が大切なんだと改めて感じました。

 

1本1本丁寧に梱包する黒川さん

 

 
秦荘のやまいも
黒川さんおすすめレシピ

スタミナ抜群とろろ汁・材料(5人分)
やまいも・・・300g
たまご・・・1個
みそ汁(濃い味)・・・3カップ
..
・作り方
① やまいもをすりおろし更にすり鉢でよくする。
② ①にたまごを加えて、更によくすりまぜる。
③ ②の中にみそ汁を少しづつ入れて、なめらかにすりのばす。
④ ③を器に入れ、上にもみのりを散らす。
  

お年寄りにもよろこばれるステーキ風·材料(5人分)
やまいも…300g
ひき肉…300g
たまご・・・2個
塩コショウ・・・少々

..

・作り方
① やまいもをすりおろす
② すりおろしたやまいもに、ひき肉と玉子、塩コショウをいれよく混ぜ合わす。
③ ホットプレートで両面を焼き、温いうちに好みのたれをつけていただく

 

磯部揚げ・材料(5人分)
やまいも⋯200g
味付のり・・・20枚
やまいも⋯200g
塩・・・少々

..

・作り方
① やまいもをすりおろし、うすい塩味をつける
② ①のやまいもを味付のりでまく
③ 油で、強めに揚げる

 

その他すりおろしたやまいもを鍋物に入れても、おいしく頂けます。
煮えあがる前にお召し上がりください。

 

 

秦荘のやまいもが食べれる場所

湖東三山館あいしょう

行楽シーズンの旬の時期、秦荘のやまいも御前が食べれる人気の場所です。
私たちもこちらで食べさせていただきました!
すりおろしたままだと流石に、粘りがすごいので、特性のお出汁で割ったとろろご飯は格別!

 

そのほかにも滋賀県特産品を多数取り揃えてますので、ぜひお近くお越しの際は立ち寄ってみてください〜

湖東三山館あいしょう

 

粘るとろろ

 


この記事を書いた人

大阪府出身。10代〜20代半ばまで某劇団員として舞台で活躍。

アスリートのセカンドキャリアや、ラグビーW杯2019、東京五輪・パラリンピック2020に仕事で携わることに興味を持ち現在の職に就く。

MBS『産直ダイスケ』のロケへ、大畑大介マネージャーとして3年間同行してきた経緯から、大畑大介商店担当となり、現場取材・取材記事作成・商品撮影・サイト運営・SNS運用等、奔走中。

【滋賀県愛荘町】 秦荘のやまいも 特選2kg ※12月〜6月

通常価格

8,560

(税込)

商品紹介

知る人ぞ知る、滋賀の伝統野菜「秦荘のやまいも」。 生産量も少なく、そのほとんどが地元で消費されるため、とっても希少な山芋です。 特徴はなんといってもすりおろした時の粘り。水分量が少なく、餅のように粘ります。 タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富で風味も豊か。出汁で割ってとろろかけご飯にすると絶品。   生産者の黒川利…

【滋賀県愛荘町】 秦荘のやまいも 訳あり1kg ※12月〜6月

通常価格

2,200

(税込)
購入はこちら

商品紹介

こちらは、規格外商品です。二股割れ、形がいびつ、穴あきなどです。 見た目の問題で味は全く変わりませんので、ぜひご家庭用にどうぞ!   知る人ぞ知る、滋賀の伝統野菜「秦荘のやまいも」。 生産量も少なく、そのほとんどが地元で消費されるため、とっても希少な山芋です。 特徴はなんといってもすりおろした時の粘り。水分量が少…

【産地直送】生産者と食卓を共に笑顔に|大畑大介商店

大畑大介商店

元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。 また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

屋号 株式会社ディンゴ
住所 〒530-0047
大阪市北区西天満4-9-12
リーガル西天満ビル903号室
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 辻井 伸久(ツジイ ノブヒサ)
E-mail rugby@ohatadaisukeshouten.com

コメントは受け付けていません。

特集