大畑大介商店 元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。  また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

梅農家が梅干しにする梅の品種は?|梅には毒がある!?|意外と知らない梅のこと

茨城県の梅 常陸乃梅

現在では梅干しや梅酒は買うもの、という風習が強くなっていますが、昔は各家庭で梅干しを漬けたり、梅酒にしたりするのが一般的でした。
疲労回復や食中毒防止など、梅干しには様々な効能があり、ご飯のお供に、保存食や常備食としても日本人には古くから親しみのある食べ物ですね。

 

もちろんまだまだご自宅で漬け込んでいるよ、というご家庭も少なくはないと思います。
そこで!

 
梅農家さんが家で漬け込んでいる梅干しの品種を聞いてみた

そもそも梅の種類ですが、日本だけでも350種類くらいはあるそうです。

その中で梅干しに向いている品種、梅酒に向いている品種、カリカリ梅のように小粒の品種など、さまざまです。

 

梅干しで有名な品種は和歌山の南高梅!これは聞いたことある方も多いのではないでしょうか。品質の高さは申し分ない梅です。

 

では梅の農家さんがご自宅で漬けている梅の品種はなんなんでしょうか。
茨城県 J A土浦千代田梅部会 会長岡野さんに伺いました。

絶対に『石川一号』!!

 

岡野さん(左)と 茨城県の梅加工の老舗 吉田屋の大山さん(右)

 

石川一号とは?

在来種「藤之梅」の中から、優良なもののみを選抜、それらを繰り返しかけあわせることで生まれたエリート品種
少し小ぶりですが、完熟するときれいな橙色に色づき、干し上げると鮮やかな褐色になるのが特徴です。
酸っぱいけどコクがあって、深い味わい。とにかく梅農家さんが自宅で漬けるぐらいですから、絶対的おすすめの梅の品種なのは間違いありません。

石川一号の木は花もよく咲いてとっても綺麗なんだよ〜と教えてくれました。

 
しかし市場にはあまり出回っていない品種のため、ご家庭でつけるのはなかなか難しいところ。
見ても美しく食べても美味しい、石川一号を梅干しにした商品はこちらから買えます!

 

生の梅には毒がある!?意外と知らないこと

梅に含まれるアミグダリンという成分が、人や動物の体内に入ると分解されシアン化水素を発生させます。

シアン化水素(いわゆる青酸)に毒性があるため、生の梅には毒がある、と言われているそうです。

ただ大人が生で1つ食べたところで、すぐに中毒になることは考えにくいです。

大量(個人差ありますが一度に100個くらい)に摂取してしまうと、中毒症状を起こし、場合によっては命の危険に陥ってしまいます。

鳥も毒があることを分かっているので、梅を突いて食べることはしないそうです。

 

昔から梅が加工されてきた訳

アミグダリンは、成熟することで自然に分解され、無毒化するそうです。

またお酒や塩、砂糖で漬けることでも、アミグダリンは分解され無毒化します。

なので、昔から梅酒や梅干し、梅の砂糖漬けなど加工されてきたのは、単純に日持ちさせるためだと思っていたのですが、無毒化するためもあったんですね。 

 

梅の収穫時期は? B G Mはウグイスのさえずり

 

J A土浦千代田梅部会 会長岡野さんの梅の畑にお邪魔しました。
梅の収穫は6月〜7月ごろとされています。
脚立に登って梅を収穫させていただきました。
ウグイスのさえずりがどこからともなく聞こえてきて、ほんとに癒し。

 

茨城の梅

茨城県は平野が多く、関東ローム層の土壌は火山灰のため水捌けが良く、果物の栽培に適した、優れた土壌です。岡野さんの畑への道中も果樹園がたくさんありました。

 

そんな良い環境で育った梅ですが、複数の作物と同時に育てている農家も多く、手間のかかる梅の栽培に力を入れることができず、茨城の梅が注目されることは多くありませんでした。

 
しかし、茨城の梅も東日本大震災の福島原発事故の風評被害を受け、岡野さんと梅加工の老舗、吉田屋の大山さんの『なんとかしたい』という思いが重なり、

茨城県の梅ブランドを確立するプロジェクト『常陸乃梅(ひたちのうめ)』事業をスタートさせました。

 

農家さんの栽培技術・知識向上のための勉強会を開いたり、梅栽培を根本から見直したことで、出来上がった商品が高く評価されました。

そのことが励みとなり、梅以外の農作物も栽培していた農家さんが、更に誇りを持って梅を栽培されるようになりました。そういった農家さん達が『常陸乃梅』プロジェクトを支え、徐々に浸透するようになってきました。

 

こちらは『常陸乃梅』プロジェクトから生まれた梅シロップを使った梅ジュース

 

そんな『常陸乃梅』プロジェクトで生まれた商品も含む、大畑大介が自らセレクトのオリジナルセットが誕生しました。

ぜひ一度ご賞味いただけると幸いです。

【茨城県大洗町産】大畑大介セレクト吉田屋梅セット

通常価格

4,120

(税込)
購入はこちら

商品紹介

天保元年(1830年)に漬物屋として創業した吉田屋さん。現在は八代目の大山壮郎さんが当主を務め、全国初の梅専門カフェをオープンし、メディアにも多く取り上げられてきました。 実際にお店にお邪魔し、数ある梅干しの中から大畑が試食して自らチョイスした大畑お気に入りセットをお届けします!   ◆八代目◆ 梅の最高品種「南高梅」…

【茨城県大洗町産】こだわり個包装梅セット

通常価格

1,050

(税込)
購入はこちら

商品紹介

天保元年(1830年)に漬物屋として創業した吉田屋さん。現在は八代目の大山壮郎さんが当主を務め、全国初の梅専門カフェをオープンし、メディアにも多く取り上げられてきました。 実際にお店にお邪魔し、大畑が試食して自らチョイスしたオリジナルセットでお届けします! 選び抜かれた一粒ずつの個包装なのでちょっとした手土産にも喜ばれる…

関連情報

【産地直送】生産者と食卓を共に笑顔に|大畑大介商店

大畑大介商店

元ラグビー日本代表の大畑大介が、コロナ禍により困っている生産者の方の力になりたいと立ち上げた、“全国各地の生産者の方”と“皆様の食卓”を繋ぐサイトです。大畑大介が自信を持っておすすめする産地直送の美味しい食材(新鮮な野菜・魚介類・果物・お米等)をお取り寄せいただけます。 また出品いただく生産者の方も随時募集中です!

屋号 株式会社ディンゴ
住所 〒530-0047
大阪市北区西天満4-9-12
リーガル西天満ビル903号室
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 辻井 伸久(ツジイ ノブヒサ)
E-mail rugby@ohatadaisukeshouten.com

コメントは受け付けていません。

特集